« ハゼラン | トップページ | アオオビハエトリ »

2012年10月18日 (木)

オオバコ

1001_7oobako1 2012.10.1
イチョウの鉢に見覚えのある草。
これ、オオバコ=相撲草じゃないか?
1001_7oobako2
気づかずにいるうちに花が終わって実が実り始めていました。
1001_7oobako3
熟しきって、もう種を播いた実もあります。

妻に、あれスモウグサじゃないの?と聞いたら、そうよ大切にしてるのよ、だそうです。
地面にもう一カ所あって、それと合わせて消えてしまわないように見ているのだそうです。

★子どものころ、この草で「草相撲」遊びしませんでしたか?
茎を「く」の字にして交差させ、引っ張ってどちらが切れるか、切れた方が負け、というの。

「雑草図鑑」から引用します。

ロゼット型で葉は踏みつけに耐え、種子はぬれると根粘つき付着しやすい。人の動きにともなって広まり、しばしば農道や山道などの路上に帯状に群生するのを見る。オオバコは大葉子で、中国名の車前は生育のようすをよくあらわしている。

「踏まれても踏まれても耐える雑草」というイメージの代表格なのです。
踏みつけに弱い草には進出できない所へ進出していく。人の生活の「縁(ふち)」のところで人と共に栄えている草なんですね。



« ハゼラン | トップページ | アオオビハエトリ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハゼラン | トップページ | アオオビハエトリ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ