« シュウカイドウ | トップページ | アリグモ »

2012年9月 3日 (月)

0821_1kumo 2012.8.21
ふと陽射しが陰ったので上を見ると、雲がお日様を隠してくれています。
この短い間は少しほっとできます。
何せ強烈な日差しで、濡らしたタオルを頭に巻いてターバン風にして、蒸発熱で頭を冷やしながら散歩、という状況ですから。
{なんとも「怪しいじいさん」だ。自宅の周りだからいいけど、他所のうちの前だったりしたら絶対「不審者がうろついてる」ですよね。}
雲さんアリガトウ。です。

ところで、一つの雲が白かったり黒かったり。おもしろいですね。
縁の方は向こう側にある太陽の光を散乱して、その散乱光が私まで届くので白い。
雲の厚い部分では、同じように散乱しているはずですけれど、雲の内部で散乱を繰り返しているうちに光が弱まって、散乱光がほとんど出てこない。そのために黒く見えるのです。
同じような水滴、氷粒などが集まっているのに、見え方が白・黒と異なってしまうというのは結構面白い現象です。

« シュウカイドウ | トップページ | アリグモ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シュウカイドウ | トップページ | アリグモ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ