« スズメガ達の蛹 | トップページ | ビロードスズメの蛹 »

2012年9月17日 (月)

セスジスズメの蛹

0909_4sesujisuzume0_2 2012.9.9
まずは、セスジスズメの蛹。
記事を書いていても、間違ってないよなぁ、と確認しながらです。
色が濃い。脱いだ幼虫時代の脱け殻がちょっとくっついています。
0909_4sesujisuzume1
左が頭部です。
実は、同じスズメガ科のエビガラスズめを飼育して蛹まで行ったことがありまして、その時のことが下の記事に載っています↓
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-ae57.html

エビガラスズめの蛹では「小鰓環」という増の鼻のような独特のものがあるのですが、セスジスズメはどうだろうと思っていたら、それはありませんでした。
0909_4sesujisuzume2
真ん中に真っ直ぐ伸びた隆起がありますよね。これがエビガラスズめでは、管として本体から離れていて、先端がくるっと丸く巻くのです。
なるほど、種によって、いろいろ違うものなんだ、と感心しました。

« スズメガ達の蛹 | トップページ | ビロードスズメの蛹 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スズメガ達の蛹 | トップページ | ビロードスズメの蛹 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ