« 暑い暑い | トップページ | ツマグロヒョウモン:2 »

2012年9月 4日 (火)

ツマグロヒョウモン:1

0826_3tumaguro 2012.8.26
12:25です。
散歩中。ツマグロヒョウモンの雌が地面すれすれに飛んでいます。どうしたのかな、もう弱っているのかな、と近づいて行くと、そうではないらしい。
足元へ来たり、また向こうへ行ったり。
産卵に適したスミレの葉を探しているようです。
写真は勝手口のそばです。
比較的長い時間とまっていましたので、視線をここに固定しました。
チョウが別の場所へ移動しても、もう目で追うことはやめて、視線を固定した場所へ、視線を離さないように注意しながら近づきました。
そっと葉の裏を見ると・・・

あった!
0826_4tumaguro1
卵が三つ。
肉眼では小さくてよくわからない粒ですが、チョウがここに長くいたことと併せて、あのツマグロヒョウモンの卵であることはまず間違いない。
感激ですね。ツマグロヒョウモンの卵を見るのは初めてです。
モニターで見ると、まん丸くない。何だか模様があります。
0826_4tumaguro2
頑張ってぎりぎりこれが限界。
不鮮明ですみません。私の腕の限界です。
なんだか、卵の表面に縦に粒々の出っ張りが並んでいるようです。
何でこんなことができるんだ?!
産卵に長時間かけているわけではありません。
カマキリだと、長い時間、泡を練るようにして卵塊を作りながら、その中に卵を並べていきますが。
チョウはそうではない。葉にとまり、腹を曲げ、ちょっと腹端部を葉の裏につけ、産卵、です。
ということは、卵巣から卵が送りだされてくる途中で、こういう形への加工がおこなわれるのでしょうね、そうとしか考えられません。
モンシロチョウの卵も縦筋がありましたっけ。

0826_4tumaguro3
この葉が枯れてしまったりしたら、ちょっと手当のしようがないので、緊張しました。
ティッシュペーパーで茎をくるみ、小さなガラス容器に倒れたりしないように「詰め」て、水を吸わせて、ティッシュペーパー内の内部水面にスミレの葉の茎が届くようにしました。
この写真に、3つの卵が写っています。
葉の左下のほうの卵が見づらいかもしれません、確認してください。

それにしても、ツマグロヒョウモンは比較的大型のチョウですが、その割に卵は小さいですね。

外出していた妻が帰宅した時、「大変だ!ツマグロヒョウモンの卵だぞっ!!」と大騒ぎしたことは言うまでもありません。
ツマグロヒョウモンの卵を見るのは二人とも初めてです。
肉眼で見て、カメラのモニターと見比べて、二人して感慨にふけったのでありました。

« 暑い暑い | トップページ | ツマグロヒョウモン:2 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑い暑い | トップページ | ツマグロヒョウモン:2 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ