« コクワガタ | トップページ | アゲハ幼虫 »

2012年9月24日 (月)

カネタタキ

0907_10kanetataki 2012.9.7
アルミ製の小さな門扉の隙間。
何かいるぞ、とよく見れば、カネタタキのメスですね。
カネタタキは翅が退化していて、メスではなくなってしまっています。オスは短い翅があって、それを立ててちっちっちと鳴く姿は独特のかわいらしさです。
不完全変態昆虫の終齢幼虫には短い翅の芽があって、最終脱皮で長い翅になるのが普通ですが、カネタタキではそういう見分けはできません。

家の中のスズムシは、オスがみんな死んでしまい、メスだけになりました。ひっそり静かです。
代わって、屋外で、コオロギ類(エンマコオロギ、ミツカドコオロギ、ツヅレサセコオロギ)やカネタタキなどが聞こえま。、アオマツムシもいるような。
この鳴き声はまだまだ続きます。

« コクワガタ | トップページ | アゲハ幼虫 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コクワガタ | トップページ | アゲハ幼虫 »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ