« 打水産卵 | トップページ | カネタタキ »

2012年9月24日 (月)

コクワガタ

0907_9kokuwagata1 2012.9.7
門の前の路上。
あれ?これコクワガタじゃないの?
死んでいますが、まだ柔らかいので、死んで間もないようです。
拾って、しげしげと見るに、やはりコクワガタですね。メス。
0907_9kokuwagata2
家の中でゆっくり撮影させてもらいました。
0907_9kokuwagata3
クワガタの顎ですね。
0907_9kokuwagata4
右の複眼の下のあたりに、触角の先端部が見えています。

我が家の門の前まで飛んできて寿命が尽きた、ということかな。
体に傷もないし、まだ柔らかくて、脚をぎゅっと縮めた姿勢になっていませんでしたし。

どこから来たのかな。
もう30年くらいも前に一回、玄関灯の下に飛来したことがありましたが、それ以来ですね。
どこかの家で飼育されていたのが逃げ出してしまったのか。
近くでコクワガタがいそうなところというと、浅間神社のあたり、多摩川台公園の森、そんな辺りかな。多摩川台公園までは2km近くあるのですが、飛んで来られますかね。途中に誘引されそうな光はいっぱいあるし。
ちょっと、事情は分かりません。

★子らが小学生の頃、私の母の実家、白神山地が海に迫るところで毎年夏を過ごしていました。夜、街灯の下などを探して散歩すると、カブトムシやクワガタムシが結構採集できたものです。それを東京に持ち帰って、飼育しましたよ。秋田の虫ですから、東京で放してしまうわけにはいきません。死ぬまで必ず責任を持つこと、寿命いっぱいに生きさせること。これは守りました。
カブトムシはよく産卵しますので、巨大な幼虫から蛹、羽化まで見ることもできました。
他方でオオカマキリの累代飼育もしていましたし、金魚やメダカ、ライギョ、アメリカザリガニ、ドジョウ、アゲハやアオスジアゲハも。何という生活をしていたのでしょうね。
すごかった。ですよ。

« 打水産卵 | トップページ | カネタタキ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 打水産卵 | トップページ | カネタタキ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ