« 東京タワーが縮んでます:2 | トップページ | アゲハ羽化 »

2012年7月30日 (月)

居抜状態

0712_1inuke 2012.7.12
昔、現役で勤務していた頃の通勤路にあった食堂。
たまたま通りかかったら閉店していました。
で、不動産屋が貼り紙を出している。
「居抜」って何だ?夜逃げじゃないしなぁ。

業界用語を知らない私、悩んじゃいました。
全く悩み多き老年だ。

★検索して調べてみたら

「居抜き物件」や「居抜き店舗」とは、店舗内の内装・備品が残っている状態を言い、飲食店、物販店を問わず不動産業界全体で使われている言葉です。 「内装付きの店舗物件」という表現も、同じ意味で使われます。

こういう意味だそうです。
なるほどねぇ。で

「スケルトン」とは、店舗内の床・壁・天井・内装などが何もない 「建物の躯体だけの状態」 を指します。 (コンクリートの打ちっぱなしの状態とご想像ください)

なるほどなるほど。
ということは、写真の内容はきっと

現在、物件は居抜状態にあります。そのままでの取引も可ですが、スケルトンにしての取引も可です。

ということなのかな、と解釈しています。
業界用語は難しいや。

★別件ですが。
英和で引いてみたら
skeleton :{名詞} 解剖・動 骨格;がい骨;骨と皮ばかりの人;骨組み;必要最小限の.

最後の「骨組み;必要最小限の」
不動産のスケルトンは。この意味のようですね。

私の場合、骨格とか骸骨というと、脊椎動物の内骨格がまず思い浮かびます。
昆虫などは外骨格です。

不動産の「スケルトン」は、なんだか外骨格だなぁ、という感想も湧きました。

« 東京タワーが縮んでます:2 | トップページ | アゲハ羽化 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 居抜状態:

« 東京タワーが縮んでます:2 | トップページ | アゲハ羽化 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ