« コハナバチの仲間 | トップページ | ヒトスジシマカ »

2012年7月19日 (木)

シラン

0702_9siran 2012.7.2
ビヨウヤナギの木に向けていた体を左へ回して線路の方へ。
シランの実が3つ熟してきている最中です。
庭のシランは今年は実がつきませんでしたが、線路際で3つ。

ウィキペディアの「シラン」の項目には

ラン科植物の種子は一般的に特別な条件が無いと発芽しないものが多いが、本種の種子はラン科としては異例に発芽しやすく、普通に鉢に播くだけで苗を得られる場合がある。

こういう記述があります。
小さな実ですから、風に飛ばされて生息範囲を広げていくことができるのでしょう。

自力で繁殖していく植物が好きです。
だって、それが本来「生きる」ってことでしょ。
ヒトなんていう生物界での新参者の手を借りなければ繁殖できないというのは異常事態のように思うんですね。

« コハナバチの仲間 | トップページ | ヒトスジシマカ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シラン:

« コハナバチの仲間 | トップページ | ヒトスジシマカ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ