« ヤグルマギク | トップページ | ピンホールというと »

2012年5月31日 (木)

(まだ)日食:ピンホールと鏡

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-ff9a.html
↑ここで、日食時の気温変化について書きました。
この時引用したリカタン・ブログに、小さな鏡を使って日食時の太陽を壁に移した写真もあります。
http://rikatanrikatan.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-c0e8-13.html
↑ここです。
日食中の太陽が、クーラーの室外機に映っています。

★この現象ですが、実はピンホールカメラと同じものなんですね。
日食の報道でも確か、鏡で日食を映した、というのもあったように思います。
では、図を見てください。
Pinhole_mirror
板に小さな穴があいていて、そこを通って太陽の像が床なり地面なりに映るのがピンホールカメラでしたね。像1です。
小さな穴は木の葉の重なりのすき間でもいい。そうすると木漏れ日で日食が観測できるのでした。
0523_komorebi
木漏れ日です。地面に映っているのは太陽の像。

では、図中、穴の位置に穴と同じ大きさの小さな鏡があったとしますと、どうなるでしょう。
穴を通過していった光線と同じものが、鏡で反射されて向きを変え、壁に映りますね。像2です。
そうすると、壁に太陽の像が映るわけなんですね。
穴を通過していくか、穴のところで反射するかの違いです。

★ふと思いついて室内で写真を撮ってみました。
Mirror1
これ鏡です。
本屋の緑色のポリ袋で隠してある側は凹面鏡で、今回邪魔なので隠してあります。
この四角い鏡に太陽光が当たって反射すると
Mirror2
天井に四角いスポットが映りました。これは鏡の形ですね。
大きい鏡だと、鏡の形が映ります。
ただ、四隅は少し丸みを帯びています。これがピンホール像の「予感」ですね。

Mirror3
そこで、ポリ袋で四角い鏡の隅を小さな三角形に覆ってみました。
Mirror4
すると、天井には「丸い太陽の像」が映りました。
見事でしょ。
これが日食中なら日食像が映るのです。

というわけで、ピンホールカメラ・タイプの日食観測法と、小さな鏡による観測方法が同じであることが分かりました。
めでたしめでたし。


« ヤグルマギク | トップページ | ピンホールというと »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (まだ)日食:ピンホールと鏡:

« ヤグルマギク | トップページ | ピンホールというと »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ