« オニタビラコ | トップページ | ヒキガエル »

2012年5月22日 (火)

日食の衛星画像


http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-27ae.html
昨日の「金環食:2」で
1999年8月11日に、ヨーロッパで観測された皆既日食の時に、宇宙ステーションミールから撮影した画像の話をしました。
大陸に月の影が映り、移動していく様子が見られるのです。
その時に、
「今回の日食を宇宙から撮る、というようなことはしていないんでしょうかねぇ。」
とも書きました。

★6時半頃のN天で森田さんが、気象衛星ひまわりからの画像を紹介していました。
0522_tv1
昨日の日食中のひまわり画像に、月の影が地表の雲に写っている様子が映っていたんですね。
で、何枚かを並べて動画風に見せてくれました。
そのうちの一枚、8:30の画像です。点線の円内が月の影です。
{テレビ画面の写真を撮るなんて久しぶりだなぁ。}

同じことを、7時前のNHKの気象情報でもやっていました。
0522_tv2
ここでは、日本付近を拡大したままの状態で月の影の移動を見せていました。
範囲が狭くなった分、もともと薄い影がさらに希釈されてコントラストを失って、正直なところ、画面から影の移動はほとんど分かりませんでした。
画像提示方法に工夫が足りないんですね。

★「チーム森田の”天気で斬る!”」というブログを見つけました。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/column/moritablog/20120521112934.html
部分引用します。

・・・
では、雲の上、もっともっと空高く宇宙にまで行って、赤道上空約36,000kmにて。
ここにある、観測を毎日続けている気象衛星「ひまわり」からは、
太陽を見るのではなくて地球を見下ろすと、また別の視点から日食のようすがわかるんです。
太陽と地球の間に月が入った時、月の影に入った地球上の地点では、日食になります。
(地球から見て、月によって太陽の光がさえぎられている地域なのですから)
今回の日食も、ひまわりの雲画像(可視光)では、地球上に落ちた月の影が西から東へと移っていくようすがわかりました。
(イメージ 2)
この月の影の中で、私たちが大勢で空を見上げていた、ということですね。
・・・

この「イメージ 2」のところに、画像が挿入されていて、簡易動画で、月の影の移動がみられます。興味のある方はぜひご覧ください。

★JAXAのサイトにも、準天頂衛星「みちびき」が撮影した画像が載っています。
地球表面におちる月の影、の画像です。
すごくいい画像ですので是非ご覧ください。
http://www.jaxa.jp/projects/sat/qzss/index_j.html
ここです。
もし記事が更新されていたら

「プロジェクトトピックス」から
2012年5月21日 更新 「みちびき」が金環日食時の地球を撮影!

というのを探して下さい。

« オニタビラコ | トップページ | ヒキガエル »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日食の衛星画像:

« オニタビラコ | トップページ | ヒキガエル »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ