« シラン | トップページ | 2月29日の雪:余話1 »

2012年3月 1日 (木)

2月18日の雪

0218_1yuki1 2012.2.18
朝起きたら薄っすらと白くなっていました。
地面、路面は濡れているだけです。
地熱から切り離された葉っぱの上などで、溶けずに残ったようです。
0218_1yuki2
チューリップの芽生えの鉢にも。
0218_1yuki3
ヤツデの葉にも。
0218_1yuki4
ベランダの手すりの上にも。

どこも、やはり、地熱が伝わってこない場所なんですね。
0218_3tulip
チューリップの鉢は昼にはこうなっていました。
他も昼にはほとんど溶けてしまっていました。

雪は夜中に降ったのですが、午前3時過ぎでしたか、眠りが浅くなっていた私の耳に、電車の音が聞こえました。
(他の路線については全く知りませんが)東急多摩川線は、雪が積もりそうな状況になると、終電以降も、線路や架線の凍結防止や点検のためでしょう、電車を走らせます。
ものすごく降っていると「終夜運転」という感じになりますが、今回は、一往復くらいだったのではないかな。私がまた深く眠ってしまって聞き逃したかもしれませんが。
電車の運行を維持するということは、こんなに大変なことなのか、というのはここに引っ越してきて初めて知ったことでした。

« シラン | トップページ | 2月29日の雪:余話1 »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月18日の雪:

« シラン | トップページ | 2月29日の雪:余話1 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ