« ツクシ | トップページ | アブラナ科 »

2012年3月23日 (金)

ミモザ(フサアカシア)

0313_4mimoza1 2012.3.13
多摩堤通り沿いにあった木は伐られてしまったので、今の時点で近所で見られるのはここだけ。
{沼部駅の駅舎の外側に一本ありますが、全く接近できない位置ですので鑑賞はできません。}
そろそろ花の時期だったっけ、と見に行きました。
お、黄色いぞ。
0313_4mimoza2
つぼみですね。
0313_4mimoza3
こういうつぼみでした。
花が咲くのも間近でしょう。
しばらくしたらまた見に来ます。

★ところで
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A2%E3%82%B6
ウィキペディアの「ミモザ」の項目から引用

 葉に刺激を与えると古代ギリシアの身振り劇ミモス"mimos"(マイム、パントマイムの前身)のように動くことからこの名がついた。ラテン語本来の発音はミモサ、英語発音はマモゥサあるいはマイモゥサとなり、日本語のミモザはフランス語発音に由来する。ここから以下のような転用により語義が広がっている。
●マメ科オジギソウ属の植物の総称(オジギソウ属のラテン語名およびそれに由来する学名がMimosa)。(原義)
●フサアカシア、ギンヨウアカシアなどのマメ科アカシア属花卉の俗称。イギリスで、南フランスから輸入されるフサアカシアの切花を"mimosa"と呼んだ事から。アカシア属の葉は、オジギソウ属の葉によく似るが、触れても動かない。しかし花はオジギソウ属の花と類似したポンポン状の形態であることから誤用された。今日の日本ではこの用例がむしろ主流である。鮮やかな黄色で、ふわふわしたこれらのアカシアの花のイメージから、ミモザサラダや後述のカクテルの名がつけられている。

どうも紛らわしくていけませんね。
日本で普通に「ミモザ」といったら「フサアカシア」のこと、でいいんですよね。

オジギソウも好きなんですが。
保育園児のお散歩用に植えたいと思っても、あのトゲは痛いしなぁ。
あの花、大好きだし、葉が閉じるのは面白いんだけどなぁ。

« ツクシ | トップページ | アブラナ科 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミモザ(フサアカシア):

« ツクシ | トップページ | アブラナ科 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ