« チューリップ | トップページ | 桜桃 »

2012年2月16日 (木)

一滴の虹が見たい

0204_6suiteki1 2012.2.4
門のそばのカエデの木。
ふと下の方から視界に輝きが入ってきました。
雨上がりの水滴が残っていたようです。
足元の方で輝いています。
0204_6suiteki2
かがみこむのは辛いのですが、なんとかカメラを近づけました。

マニュアル・フォーカスで距離は無限大に固定。
たぶん、水滴にピントを合わせてしまうと、分光されたうまく色が入らないだろうと。

無限大にしておいて、カメラを近づければ、水滴自体の像はぼけますが、水滴で分光された光を全部とらえられるのではないか、という魂胆です。
いかがでしょうか。
色合いが薄いのですが、一応、一滴の水滴に虹を見た、というようになったと思うのですが。

0204_6suiteki3
少しずらして、赤や黄色が入るようにしてみました。
もう少し、腰を安定させられればもっといろいろ試みられたのでしょうが、ちょっときつかった。
ここまで。

でも、おおよその感じはつかめました。
やはり、距離を無限大にして、うまく水滴との距離や位置を定めれば、一滴の水滴による虹が撮れるのではないでしょうか。

水滴の像が7角形になっているのは、カメラの絞りの羽根が7角形を構成しているせいです。
また、その7角形の縁から内側へ縞模様が見えるのは、光の回折現象を見ているのではないか、と思います。(自信はないけど)。

« チューリップ | トップページ | 桜桃 »

植物」カテゴリの記事

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一滴の虹が見たい:

« チューリップ | トップページ | 桜桃 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ