« 西洋髪結 | トップページ | また黄金比 »

2012年2月 7日 (火)

シランの実

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-8a16.html
「シランの実・種:1」という記事です。
ここから、2,3と続いています。
今回はまたその続編。

★実(じつ)は指で中を開いてみた実()のほかに、もう一つ実がありました。
いつもまでも変化がないなぁ、いつ中身の種をまき散らすんだろう?と思っておりましたら・・・
0127_7siran1 2012.1.27
あれま、既に弾けていました。
いつ弾けたのかなぁ、分かりませんでした。
0127_7siran2
割れて中身がすっからかんになっていて、向こうが透けています。
あの、小さな毛くずのような種はすっかりまき散らされた後でした。

おそらく、完全に熟した実は、乾燥によって縦方向に縮んで自発的に裂け、中身を放出したのでしょう。
面白いメカニズムですね。

★この割れた実が花材として面白い、と妻が切り取って、玄関の花瓶に挿しました。
0130_1siran1 2012.1.30
なんとなく見ていたのですが、ふと気づいてみると、あれま、面白い構造になってるんだ。
Mi
ものすごく大雑把にいうと、断面はこういう感じでしょうか。
0130_1siran2
正面から撮るとこうです。
庭で足元にあった時には考えられないアングルですね。
玄関に持ち込んだからこんな風に見ることができました。
三角形とは言い難いかもしれませんが、実の構造はお分かりになるでしょう。
0130_1siran3
ね。ある意味で二つのパーツで実が作られている。
ひょっとすると、このパーツ間で乾燥時の収縮の仕方に差があって、確実に割れることができるのかもしれないな、と感じます。
ただ一様に縮んだのでは、実は膨らんだけれど、割れずにおしまい、というようなことがあるかもしれません。
そんなことがなく、必ず割れて、そこから種を散布できる、ということを保証する構造なのではないか、と想像するわけです。

面白いものを見ました。
すごい仕組みですね。

« 西洋髪結 | トップページ | また黄金比 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シランの実:

« 西洋髪結 | トップページ | また黄金比 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ