« 踏切にて:2 | トップページ | 速報:梅が咲いてました »

2012年2月 2日 (木)

踏切にて:3

0126_2humikiri4 2012.1.26
電柱に車輪みたいなものがついてますね。
これはなんでしょう?
これ、電車に電力を送る「饋電線」がたるまないように張力を与える装置です。
変電所からの送電区間の切り替わる所で見られます。
電車へおくる電力が途切れちゃいけないので、うまくオーバーラップさせながら、次の変電所からの電線が入ってくるのですが、その端っこですね。
「輪軸」の原理で、車輪の直径の大きな外側に錘がぶら下がっています。
四角い板状の錘が何枚も重なっているのが写っていますね。これが車輪の外側を回そうとします。
で、電線の方は直径の小さな、軸近くのところに巻きつけてあって、おもりの引く力を大きく拡大して強く引くわけです。
力が大きくなると移動量が少なくなりますが、静的なバランスの問題ですので大丈夫。長く 引き込む必要はない。強く引っ張れればそれでいいのです。

線路のそばで暮す元理科教師は、こういうことの原理がわかっちゃうものですから、いろいろ楽しんでしまうわけです。

« 踏切にて:2 | トップページ | 速報:梅が咲いてました »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 踏切にて:3:

« 踏切にて:2 | トップページ | 速報:梅が咲いてました »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ