« 数学的ハート形 | トップページ | 流しを磨く »

2012年2月17日 (金)

一人あて十兆個

2012.1.30 朝日歌壇より
世界中の人で分けたら一人あて十兆個の星 夜の空たのし:(ふじみ野市)足立由子

高野公彦評:星空のそれぞれの楽しみ方。都市部を離れたら今でも星はよく見える。

評者は多分気づいていないと思いますが、この歌はおそらく、朝日新聞の「しつもん!ドラえもん」という小さな企画を受けています。

[しつもん!ドラえもん] 697 ほしぞら編(2011/12/30)
 夜空にはたくさんの星があるね。目に見える星は、いくつあるのだろう。
[こたえ] 9千個くらい
 目で見える6等星以上の星は約9千個だよ。ある計算では宇宙全体で目に見えないのも含め7に0が22個つくぐらい。世界の人でわけたら1人10兆個だよ。

★7×10^22個だそうです。
化学屋としては、宇宙全体の星といっても「1モル」はないんだな、と思ってしまいます。
1モルは6×10^23個の集団のことですから、星の数って約0.1モルなんですね。

コップ1杯の水を180gとしましょうか。その中には10モル、6×10^24個もの水分子が入っているのです。宇宙全体の星の数の100倍もの数の水分子を、ごくごくと飲むんですよ。すごいことですね。

世界の人口を70億人として、割り算すると「1人10兆個」になります。
10兆という数字は大きいですが、宇宙や原子の世界に踏み込むと、そう大した大きさではないのです。

12月30日の「しつもん!ドラえもん」を読んで、そうなのか、と思われた作者が歌を作って投稿して、新聞紙面にのったのが1月30日。タイミングがあっていますね。

« 数学的ハート形 | トップページ | 流しを磨く »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211707/54004665

この記事へのトラックバック一覧です: 一人あて十兆個:

« 数学的ハート形 | トップページ | 流しを磨く »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ