« 初氷 | トップページ | 10円硬貨 »

2012年1月12日 (木)

月虹

昨日のNHKのニュース。

石垣島で“夜の虹”の撮影成功  1月11日 14時46分
 月の光が作り出す夜の虹、「月虹」と呼ばれる珍しい現象が、沖縄県石垣島で観測され、天文台が撮影に成功しました。
 「月虹」は、月の光が大気中の水滴で屈折して見える現象で、今月7日の夜国立天文台石垣島天文台の職員が月虹の撮影に成功しました。撮影された写真には、アーチを描いた「月虹」がはっきりと写り、赤や黄色の鮮やかな色彩を確認することができます。月虹は、満月の前後、大気中に水滴があり、周辺の空が暗いなどの条件がそろったときに見えますが、月の光は、太陽に比べると、非常に弱いことから、写真におさめるのは難しいとされています。観測された夜は、小雨が降ったりやんだりで、月が姿を見せたわずか30分ほどの間に「月虹」が見えたということです。石垣島天文台によりますと、「月虹」は、これまでハワイなどで撮影されたことはありますが、国内で撮影された例はほとんどないということです。撮影した石垣島天文台の花山秀和研究員は、「これまで写真で見たことはありましたが、肉眼では初めてです。白くぼんやりとしていて神秘的でした」と話していました。

今朝の朝日新聞

月の魔法 石垣島天文台が「月虹」撮影
 ハワイで「幸せを招き縁起がよい」などといわれる自然現象「月虹(げっこう)」が沖縄県石垣市で7日夜に見られた。
 撮影した石垣島天文台によると、月虹は、月の光が大気中の水滴で屈折して虹となって見える珍しい現象。当日は小雨が時折降っており、月齢13・7の明るい月が虹を浮かび上がらせた。午後7時過ぎから30分ほど見ることができたという。
2012年1月12日

共同通信の配信では、30秒の露光で撮影、という情報も入っていました。

その画像は、石垣島天文台のサイトで見られます↓
http://www.miz.nao.ac.jp/ishigaki/content/news20120109
きれいですよ。

★で、今朝、そんな話題が頭にあったものですから、月の写真など撮ってしまいました。
0112_tuki 2012.1.12
朝7:16です。月齢18です。
5日前のこの月の光が、虹を作ったのでした。

★原理は普通の太陽光による虹と同じです。
後ろからさす月光が空中に浮かぶ水滴で、2回の屈折と、1回の反射で、観測者の方に曲がってくる時に分光されて虹が見えるのです。

虹について詳しくお知りになりたければ私のHPなどご覧ください。かなり詳しいです。
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/98th/sci_98.htm
http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/99th/sci_99.htm
どうぞ。

« 初氷 | トップページ | 10円硬貨 »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月虹:

« 初氷 | トップページ | 10円硬貨 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ