« シマハナアブ | トップページ | ジャノメエリカ »

2012年1月11日 (水)

老猫はUターン

極私的な鑑賞を公開します。

2012.1.9 朝日歌壇・俳壇より

若猫はパッと飛び出し老猫はUターンする雪の玄関:(青森県)向山敦子
 我が家の老猫・チビたんは居間から玄関へ、出たいよ~、と鳴くのでドアを開けてやると、寒気に「衝突」して帰ってくるようになりました。

赤と黄に燃えるためのみ生きてきた緑に生まれ一年かけて:(西条市)眞鍋ユカリ
 それはさすがに、ちょっと。
 生物は繁殖しようとしているのです。動物も植物も。
 緑が赤や黄色になったのは結果であって、その「為」ではありません。
 基本的には生殖を終えて、仕事を終えた充実の姿です。
 私の白髪も年とったせいです。目指したわけじゃない。

チョッキ着たダックスフントとすれ違う「先生オハヨ」今日休診日:(川崎市)藤田恭
 休診日の動物病院の先生。知り合いなんですね。楽しそうだなぁ。

先日こんな投書がありました、部分引用します

[声]朝の楽しみ 散歩犬ウオッチ(1/6)
 ・・・ 散歩中の犬たちを眺めて楽しもうと、朝のウオーキングに夢中だ。・・・
 立ち話に興じる飼い主の足元で退屈そうな2匹に目がとまる。「お前の母ちゃん、話が長っ!」「君のママこそ昨日と同じ話してんじゃん」そんな会話が聞こえてきそうで・・・

犬たちが何を言っているのか、台詞をつけてみるのは楽しそうですね。
お前の母ちゃん、話が長っ!
これ気に入ってしまった。
60年近くも昔、母親にくっついて買い物に行くと、よく女性同士の立ち話が始まって、気の短い私がいろいろぐちゃぐちゃいうものだから、叱られましたっけね。思い出してしまった。

失敗はもう齢だからと許されて人格が徐々に崩されてゆく:(筑紫野市)岩石敏子
 「人格が・・・」というほどの「失敗」とは、下の不始末なのでしょうか。悲しいです。やがては我が身。

別件:猫と長く暮していますとね、猫ってすごいですよ。この世を去る何時間か前まで、きちんと用を足す。失敗するのはせいぜい1回2回くらい。そして去っていく。
あのように逝きたいものだ、と。2度もそんな思いをしてしまった。悲しかったな。

犬小屋に煙突つけてクリスマス:(立川市)松尾軍治
 ワンちゃんにもサンタさんが来たんですね。
我が家の猫たちも、仔猫時代にはサンタさんが来てましたねぇ。
子らが楽しんでいましたっけ。

月冴ゆる蝕見ず老いの早寝かな:(昭島市)しもだたかし
 全く同じくです。早寝なんですが、あんまり早起きではない。よく眠れます、歳とって。
 健康優良爺です。

« シマハナアブ | トップページ | ジャノメエリカ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老猫はUターン:

« シマハナアブ | トップページ | ジャノメエリカ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ