« スズメ | トップページ | 龍の赤ちゃん »

2012年1月 5日 (木)

未生の香

0104_13ume0
柄にもなく一句

梅つぼみ 陽光(ひ)をたくわえて 未生の香 : 崩彦

●「未だ生ぜざるの香り」という言葉が頭の中に生じまして、言葉を組み合わせてみました。
お恥ずかしい。

« スズメ | トップページ | 龍の赤ちゃん »

人事」カテゴリの記事

コメント

なるほど、そういうことだったのですね。どういう意味なのか分からなかったのですが納得しました。未生の香、素敵な言葉ですね。私などでは思いもつきません。本当にいろゝ勉強になります(俳句を始めて3年になりますがほんと上達しません。下手の横好きなのですが、大好きなのでずっと続けるつもりです。)最近は短歌や俳句が取り上げられないので寂しかったのですが思いもかけず先生の句を拝見できてうれしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未生の香:

« スズメ | トップページ | 龍の赤ちゃん »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ