« カランコエ | トップページ | ゼニアオイとタチアオイ »

2012年1月30日 (月)

ビヨウヤナギ

0123_5biyouyanagi1 2012.1.23
突き当りの日溜まりにあるビヨウヤナギ。
半常緑性とか、半落葉性とかいいます。
古い葉が落ちないうちに新しい葉が伸びてきて交代していきます。
でも、もうちょっと葉が落ちて、細い枝がむきだしにならなかったか?という気もします。
現在は、こんなふうに、いろんな色の葉が入り混じってとてもカラフルです。
0123_5biyouyanagi2
新しい葉芽が成長を始めてますね。
90度ずつ向きを変えながら、新しい幼い芽を手のひらに包むようにして伸びてきます。
見てると楽しいですよ。

★別件:「幼い芽を手のひらに包むようにして」なんて自分で書いてて、脳裏を横切ったシーン。
下北の北限のサル。ニホンザルですね。吹雪の中で「サル団子」を形成します。
体温を失わないように集団で「球形」に集合します。球は体積に対して表面積が一番少ないので、熱が逃げにくくなるわけですね。
その時に、幼い子ザルを中の方に入れて、外側を若くて元気な個体が包む。
みんなで、そうやって幼いものへの配慮をするんですよ。
思い出しちゃった。

« カランコエ | トップページ | ゼニアオイとタチアオイ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビヨウヤナギ:

« カランコエ | トップページ | ゼニアオイとタチアオイ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ