« 正月二日の庭 | トップページ | ギンメッキゴミグモ »

2012年1月 6日 (金)

密蔵院にて

0102_11mituzouin1 2012.1.2
初詣、というのはしません。
以前は浅間神社に行ったものですが、もう、正面の石段の参道は無理だし、女坂というのでしょうか、坂でまわって登る道もありますが、登りはきついし、まして、苦手な下りは完璧にアウト。絶壁下りのようなものです。
で、まぁ、若干思想的にも神社さん好みではないという下地もあって、初詣には行かなくなりました。
子らが幼い頃は、初詣という風習を知っておくのもいいかな、と頑張ったんですけどね。
夫婦二人になりましたから、もういいや、やぁめたぁ、です。

さて、密蔵院は目の前だし、落差は大きくないし、最近石段に手すりをつけたし、本堂の前にも階段のわきに車いす用スロープも作ったし、アクセスはよくなりました。
0102_11mituzouin2
本堂の前です、この写真。
でも、お参りはしません。
日本の仏教を、基本的に仏教として認める気がないものですから、手を合わせる気にはなりません。
このお寺は、密教の真言宗ですが、密教というものはお釈迦様の教えそのものからは、ずいぶん離れていると感じています。

ま、境内の花などを見させて頂くだけにしましょう。
0102_11mituzouin3

ツバキ科の花がいっぱいあります。
手入れは大変でしょうね。
虫は全然いません(夏場も)。
クスノキがあるので、アオスジアゲハの卵や幼虫がいることはありますけど。

「スッタニパータ」という原始仏典に有名な言葉があります。
犀の角のようにただ独り歩め
仲間を求めず、ただ独りだけで修行をしなさい、ということでしょう。

それが孤立だとは思っていません。
そのように生きることが実は人間としての基本的な「連帯」であり、「絆」を結ぶこと、なんだと思います。
べたべたくっつくことが絆じゃない。手をつなぐことが連帯じゃない。
乾燥した生き方が好きだなぁ。

土屋文明の

少数にて常に少数にてありしかばひとつ心を保ち来にけり

これ、私の座右銘です。

「犀の角」のごとく。「ひとつ心」を保ちながら。老いの道を歩んでいこうと思います。

« 正月二日の庭 | トップページ | ギンメッキゴミグモ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 密蔵院にて:

« 正月二日の庭 | トップページ | ギンメッキゴミグモ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ