« 気温グラフ:1 | トップページ | カランコエ »

2011年12月13日 (火)

気温グラフ:2

前の記事の図1を再掲します。
Temp1_2
階段状の変化、が見えると思いますがいかがでしょう?
8月に35℃のあたりに平らなところがあります。
8月末から9月にかけて、30℃前後でもみ合っています。
9月終わりから10月は25℃前後を上下しています。

気温が冬から夏に向かって上昇していく時には、こういう階段状の変化はあまり見えませんが、夏から秋へ、気温が下がっていく時に階段状になります。
暑い暑いと思っていたが、もう30℃が出ることはほとんどない。
25℃あたりで夏日がまだ出ていたが、もうさすがに夏日が来ることはない。
というようにして、ガクン、ガクンと下がっていくのですね。

このことを前の記事の図3でもう一回見ると
Temp3_2
三角の山と谷になっている部分、これが階段状の変化を示しています。

ん?なんで?と思うでしょ。
模式図を作ってみました。
とんでもなく単純化した図です。
Fig.1
Fig1
赤い線が下がっていく平年気温だと考えてください。
黒い階段状の線が、気温をならしたものだと考えてください。
こういう変化をしている時に、平年値からの差だけを取り出すと、どうなるでしょう?
Fig.2
Fig2
こうなるんですね。
これを、図3と見比べてください。
「似てる」と思っていただけたでしょうか。無理かもな。

単純化してみるのも面白いとは思いますが、やりすぎたかな。

« 気温グラフ:1 | トップページ | カランコエ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気温グラフ:2:

« 気温グラフ:1 | トップページ | カランコエ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ