« エゾギクトリバ | トップページ | ネコハエトリ »

2011年12月19日 (月)

ツマグロキンバエ

1212_3tumagurokinbae1 2011.12.12
ビヨウヤナギの葉の上で日向ぼっこ。
ハラビロカマキリのエサにしようとは思わないので、ゆっくり眺めています。
数少なくなった虫たちの中で、がんばっています。
目の模様がくっきり。

1212_3tumagurokinbae2
こちらは下向きにとまっていて、特徴的な目の模様は見えないのですが、翅がよく見えました。
写真では反射光が邪魔になって翅の先端の黒い部分「褄黒」の部分があまりクリアではないのですが、肉眼的にはこれがすごく目立っていました。
あれ!ツマグロキンバエだよね、と顔を近づけて確認しました。
黒い模様が妙に際立って見えたものですから。

1212_3tumagurokinbae3
サザンカの花にもいました。
花の中から出てきたところですね。
花粉が少し体についています。

これでツマグロキンバエを認識する3つの特徴が出そろいました。
複眼の縞模様、翅の先端の黒い模様(褄黒)、そして、口です。(象の鼻というか、掃除機というか、すごく目立つんです。)

こんなことが頭に入っていると、花に来ているハエのうち、ツマグロキンバエは確実に見分けられます。

« エゾギクトリバ | トップページ | ネコハエトリ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツマグロキンバエ:

« エゾギクトリバ | トップページ | ネコハエトリ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ