« ヨツボシヒョウタンナガカメムシ | トップページ | 白睫三千丈 »

2011年12月15日 (木)

1気圧を超える低気圧

★12月12日に、1056hPaの高気圧だ、すごい、という話をしました。
↓これです。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-37b1.html
そして

高気圧・低気圧というのは「相対的」なものなので、この日の天気図上では1012hPaの低気圧などもありました。
1気圧=1013hPaだから、それより高いのが高気圧、低いのが低気圧、というわけではありません。
相対的なものだということは知っておいてください。

ということも書きました。

★新聞を見ていたら、12月12日21時の天気図と13日9時の天気図に、なんと「1022hPaの低気圧
が現れていました。
これまた、「すんごい」ですね。
ざらに見られる低気圧ではないですね、私の経験では。
周りの高気圧が高すぎるので、1022hPaあっても、相対的に低くなってしまうんですね。
かわいそうに、普通なら高気圧なのになぁ。

★少年時代(中高生の頃)NHKラジオ第二放送でしたかの気象通報を聞きながら、天気図を書く練習をしていたのです。天気図用紙を買ってきて、放送を聴きながらデータを記入し、放送後に等圧線など手描きで描いたものです。なかなか楽しかったですよ。

この経験があったので、中学校で理科第二分野を教えた時、気象通報をカセットに録音して行って、教室で流しながら生徒に聞きとらせ天気図を書く、という実習などさせたものですが、どうだ先生というものはすごいだろう、と威張ることができたのでした。

理屈もいろいろ知ってなきゃなりませんが、手で覚える「技」というのも理科ではとても大事なものなのです。

登山をする人は自分で気象通報から天気図を書ける、というのが昔は常識だったように思いますが、最近の登山者はそれができない。遭難もふえますね。

« ヨツボシヒョウタンナガカメムシ | トップページ | 白睫三千丈 »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1気圧を超える低気圧:

« ヨツボシヒョウタンナガカメムシ | トップページ | 白睫三千丈 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ