« 「当たり前」を疑う | トップページ | フタモンアシナガバチ(オス) »

2011年12月 8日 (木)

ハラビロカマキリ

1130_7harabirokamakiri1 2011.11.30
家の周りをぶらぶらぶらついていたら、道路に一匹のハラビロカマキリがいました。
危ないよ、車にひかれちゃうよ。
カマキリの扱いはかなりうまいつもりの私。
首にかけたカメラの揺れを右手でおさえながら、左手を伸ばして、カマキリの前に手のひらをだして、そっと押すようにします。するとカマキリは前進して手のひらの上に自分で乗ってきます。大分体中傷んでいて、弱っている様子。
私の指にカマをチョンとかけて、じっとしています。
瞬間的に情が移りましたね。
で、急いで家へもどりケースに入れました。
その姿が上の写真。

たまたまこの日はハエがすぐに取れたので、入れてやりました。
1130_7harabirokamakiri2
そうしたら早速に捕まえてむしゃむしゃ食べています。
お腹減ってたんだろうなぁ。
よかったなぁ、ハエが飛びこんで来て。

夏場なら、花のそばなどで待ち伏せていればハエやアブ、チョウなど向こうからやってきます。エサ密度が高い。
今は、草刈りの後だし、花もないし、エサ密度が極端に低い。

前からいるハラビロカマキリとともに飼うことにしました。
ほっとけないですよ。

で、カマキリ一匹の時は、ハエを2,3匹つかまえようと、殺気を発しながら歩きまわっていたわけですが、二匹になっちゃった。
バランス上、2,3匹ではダメなんで、「2,4匹」のハエをつかまえねばなりません。
殺気立ってますね。眼が血走ってるんじゃないか。
カメラを首から下げて、捕虫網を持ったじいさんがうろうろしています。

この記事を書いている12月8日現在、二匹とも健在です。
今日のように寒い日はハエは全く出てきません。
お日様さえでれば、まだハエの活動は終わってはいないのですけれど。

いつまで元気でいてくれるかな。
ハラビロカマキリさんたちのためなら、じいちゃんも頑張るゾ。

« 「当たり前」を疑う | トップページ | フタモンアシナガバチ(オス) »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハラビロカマキリ:

« 「当たり前」を疑う | トップページ | フタモンアシナガバチ(オス) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ