« サザンカ | トップページ | クモは脚が減っても生きていける »

2011年12月26日 (月)

小さなクモに大きすぎる脳

★「ナショナル・ジオグラフィック・ニュース」というのを見ていたら
「小さなクモに大きすぎる脳」という記事がありました。

Rachel Kaufman
for National Geographic News
December 20, 2011

 まん丸なクモも決して太っているわけではない。頭でっかちなだけなのだ。小さなクモは、身体のサイズに比べて非常に巨大な脳を持っているため、脳の一部が身体の隙間にあふれ出している場合すらあることが、新たな研究からわかった。
◆体長1ミリにも満たないようなごく小さなクモが、大きなクモ類と同じくらい上手に網を張ることができる理由が、こうした巨大な脳の存在から説明できるかもしれない。
 スミソニアン熱帯研究所の研究員でコスタリカ大学教授のビル・エバーハード(Bill Eberhard)氏が率いる研究チームは、この研究のため、いずれも網を張る性質を持つ6つの科に属する9種のクモを調査した。
 その結果、小さなクモほど、身体のサイズに対する脳の比率が大きいことがわかった。中には、中枢神経系が身体の容積の80%近くを占め、ときには脚の中にまではみ出している種もあった。
 円形の網を張るマリアナシロカネグモ(学名:Leucauge mariana)など一部の種では、成虫の大きさになるまでの幼虫の期間、詰まった脳で身体が膨れあがっている。
 ・・・
 例えば、別の研究で調査が行われたハエトリグモの1種(学名:Phidippus clarus)では、成虫の消化器系が腹部ではなく頭胸部の中にある。
 しかし「幼虫ではすべてが脳で占められていて」、赤ん坊は消化器系が未発達なのだという。ただし、このことがこのクモの発達にどう影響するかは今のところ不明だ。
 おそらく、網を張るという行動は、例えば「甲虫の幼虫がただ目の前の菌類を食べ進めていく」というような行動よりも複雑で、大きな脳を必要とするのだろうと、エバーハード氏は研究論文に記している。
 ・・・
 クモの脳についての研究は「Arthropod Structure and Development」誌の11月号に発表された。

そうなのかぁ。クモって賢いんだ。
知りませんでした。

記事中にはハエトリグモの1種(学名:Phidippus clarus)の写真がありましたが、それをそのまま引用するのはマズイでしょうから、代わりに私のストックからネコハエトリの写真を載せておきます。
1213_4nekohaetori2
ネコハエトリ 学名:Carrhotus xanthogramma です。
そういわれて見直すと、いかにも賢そうだよなぁ。

クモを見る目が変わってきませんか。
昆虫よりクモの方が「下等」だなんて思ってませんか?
すべての生物は進化の最先端を生きているのだ、ということをお忘れなく。

« サザンカ | トップページ | クモは脚が減っても生きていける »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなクモに大きすぎる脳:

« サザンカ | トップページ | クモは脚が減っても生きていける »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ