« ネコハグモ | トップページ | ヒヨドリ »

2011年12月26日 (月)

架線(饋電線)

1214_10kasen1 2011.12.14
ふと気づくと、向こうの架線の側面が「銅色」。
前からこうだったっけ?
いやぁ、ちがうような。
工事やってたっけ?
いやぁ、気づかなかったな。

多摩川線の、蒲田→多摩川 方向の架線が赤く光っています。
しかも、パンタグラフとこすれる下面ではなく、側面が。
新しいのかなぁ。
水平に2本写っていて、赤い方がむこう側、濃い色の方が手前側の架線です。

家の目の前ですから工事をやれば大抵は気づくんですがねぇ。
分からなくなりました。
「大」うっかりものです。

1214_10kasen2
架線を「つかんでいる」部分です。
パンタグラフが滑らかに接触して、滑らかにすべらなければなりませんから、独特の工夫があるんですね。
電線に溝があって、そこをつかんでいるのです。

このブログのかなり以前に、この話をしています↓
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_1ccd.html
「まだ架線」

Danmen
そこから再掲です。
これが架線の断面のイメージです。
くびれたところを「把握」してぶら下げます。
パンタグラフは電線の下面と接触しますから、妨害にはなりません。
おもしろい工夫でしょ。

« ネコハグモ | トップページ | ヒヨドリ »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 架線(饋電線):

« ネコハグモ | トップページ | ヒヨドリ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ