« マルカメムシ | トップページ | ウリハムシ »

2011年11月28日 (月)

エビガラスズメ幼虫

1112_3ebigarasuzume1 2011.11.12
門を出てふと下を見たら、歩いていました。
きっと、蛹になる前のウォンダリングでしょう。
エビガラスズメの幼虫です。
右が頭、左が尻尾です。
こういう緑色のタイプを見るのは比較的少ないかな。褐色タイプのものを見ることが多いようです。
去年の秋はアサガオやルコウソウでたくさん見ましたが、今年は見ないな、と思っていました。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/ebigarasuzume020921.html
↑「幼虫図鑑」です。いろんなタイプの幼虫が見られます。

1112_3ebigarasuzume2
「しっぽ(尾角)」が立派。これはスズメガの仲間の幼虫たちの共通の特徴。
「頭に生えた角」ではありません。
刺さりませんから怖がらなくっていいです。
英語では「horned worm (角の生えたイモムシ)」というようですが、角というとやっぱり頭に生えているという気がしますよね。「しっぽ」の方がいい気がします。
1112_3ebigarasuzume3_2
こちらが頭部。
白い矢印で指しているところに、丸い粒々がありますよね。これが単眼。
明暗くらいしか判別できないのではないかなぁ。明暗の輪郭は把握しているかなぁ。
そんな視覚でうろうろと長い距離お歩きまわり、蛹になる場所を探しているのです。
「大事業」だと思うのですが、みんなそうやって蛹になります。
1112_3ebigarasuzume4
干渉しないことにして、ぐるっと回って戻ってきたら、門扉の下をくぐりぬけて、庭の方へ入ってきていました。すごいなぁ。
そうだ、身長を測ろう。とカメラバッグに入れてある物差しを出して横に置いて撮影。
8cmを超えてますね。
苦手な人には、8cmのイモムシというと恐怖かもしれないな。
石の下などに潜って、蛹になります。

http://niwakero.blog55.fc2.com/blog-entry-28.html
このブログに、庭の土を掘っていたら、エビガラスズメの蛹が出てきたという話があります。
どうぞ。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-ae57.html
「かかしさんの窓」の去年の記事です。
蛹になったばかりの写真があります。不思議な姿の蛹ですよ。

« マルカメムシ | トップページ | ウリハムシ »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エビガラスズメ幼虫:

« マルカメムシ | トップページ | ウリハムシ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ