« 日溜まりにて | トップページ | キアシマメヒラタアブ(ではないか) »

2011年11月24日 (木)

ヤマトシジミ+

1109_9yamatosijimi1 2011.11.9
ふだんは翅を閉じた状態で止まっていることが多いと思いますが、開いていました。
日向ぼっこでしょう。
恒温動物の私たちと違って、昆虫たちは体温を上げないと活動できない。
太陽の熱を受けて温まったり、筋肉を細かく振動させて熱を発生させたり。
秋も深まってくると、朝夕は気温が低いので活動しません。
日中の短時間しか見られなくなります。
1109_9yamatosijimi2
ヤマトシジミのこういうアングルを見るのは比較的珍しい。
アゲハやタテハじゃないのにね。
複眼に現れた模様なんですが、「瞳」みたいに見えますね。
いい顔つきしてますよ。決然としています。

1109_9yamatosijimi3
センダングサの一つの花に、チョウとハエ。
ツマグロキンバエの方にピントが行ってしまって、ヤマトシジミはボケて、露出オーバー。
すみません。
こういうことも比較的珍しいです。
どちらかが蜜を吸っているところへ、もう一方が来ると、先客は飛び去ることが多い。
なかよく、というわけでもないですが、蜜資源が乏しくなってきたということなのでしょう。

« 日溜まりにて | トップページ | キアシマメヒラタアブ(ではないか) »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトシジミ+:

« 日溜まりにて | トップページ | キアシマメヒラタアブ(ではないか) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ