« ヨツボシヒョウタンナガカメムシ | トップページ | テントウムシ »

2011年11月29日 (火)

フタモンアシナガバチ

1115_6hutamonm1 2011.11.15
わずかに残ったルコウソウにフタモンアシナガバチが来ていました。
季節的にオスたちの日向ぼっこのときは終わりなのですけれど、やっぱり草がないとなんだか寂しそう。行き場がない、という感じですね。

1115_6hutamonm2
オスの黄色い顔。

朝日俳壇(2011.11.28)で、長谷川櫂氏がこんな句を選んでおられます。

もう失くすもの無き貌の冬の蜂:(箕面市)大野美恵子

そして評として

表情があるわけではないが、そうみえる。あとは命のみ。

と。
そうですか?昆虫って無表情ですか?
虫たちとの交流を楽しむ「かかし」にはそうは思えません。
時に応じて、いろいろな姿・表情があるんですよ。
私たちの心に揺らぎを引き起こす「相手の姿」。それが表情でしょ。
表情とは相互作用です。
いきものにはみな表情があるのです。

« ヨツボシヒョウタンナガカメムシ | トップページ | テントウムシ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フタモンアシナガバチ:

« ヨツボシヒョウタンナガカメムシ | トップページ | テントウムシ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ