« ウラナミシジミ | トップページ | ヤツデ »

2011年11月 4日 (金)

チロリアンランプ

1022_7tyroleanlamp1 2011.10.22
アブチロン属(イチビ属)の和名「ウキツリボク」というのが正式かな。
でも、「チロルのランプ」という別名が気に入ってます。
いかにもそれらしい。
今年はこれが結構たくさん咲いていまして楽しい。
門の脇に置いてあって、保育園のお散歩など来たら、楽しんでほしいな、と思っています。
1022_7tyroleanlamp2
つぼみ。
きれいな赤ですね。

★ランプがつり下がっている、と見ればチロリアンランプですが、魚釣りで魚を釣り上げているという見立てはどうでしょう?

まったく類縁関係はないのですが、「ケマンソウ」、別名「タイツリソウ」というのがなんとなくイメージが似ている気がします。(ケシ科です)
「華鬘草」「鯛釣草」です。
花知らずの私がなんでそういう花を知っているかというと、以前、釣り好きの同僚の先生がおりまして(教科は生物)、タイツリソウを見せて下さったのでした。鯛が大量のようで縁起がいいといって栽培していらっしゃいました。
↓「ヤサシイエンゲイ」というサイトにきれいな写真がありました。
http://yasashi.info/ke_00002.htm



« ウラナミシジミ | トップページ | ヤツデ »

植物」カテゴリの記事

コメント

このランプ枝木、結構、大きくなります。その割には、細いので、しなったり・・・。

そうそう、寒くなると、アシブトコバチが家の中へ入ってきます。時折、蛍光灯へぶつかってますよ。。。

コメントありがとうございます。
通りかかった幼い子がこの花を見て喜んでいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チロリアンランプ:

« ウラナミシジミ | トップページ | ヤツデ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ