« ガザニア | トップページ | ミズヒキ »

2011年10月20日 (木)

ヤツデ

1009_6yatude 2011.10.9
ヤツデが花の準備をしているのだと思います。
結構寒くなってから咲きますよね。花の少ない時期なので、アブとかハエとか来ていたと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%84%E3%83%87
ウィキペディアによりますと

目     :     セリ目 Apiales
科     :     ウコギ科 Araliaceae
属     :     ヤツデ属 Fatsia
種     :     ヤツデ F. japonica
学名  :     Fatsia japonica (Thunb.) Decne. & Planch.
和名  :     ヤツデ
英名  :     Japanese Aralia

ヤツデ(八つ手、学名:Fatsia japonica)は、ウコギ科の常緑低木。
特徴
20cm以上もある大きな葉をつける。葉はつやがあり、やや厚手。形は文字通り掌状だが、7つまたは9つ(奇数)に裂けており、8つに裂けることは無い。学名のFatsia は日本語の「八」(古い発音で「ふぁち」、「ふぁつ」)または「八手(はっしゅ)」に由来するという。
関東以西の、おもに海岸近くの森林周辺に自生する。日当たりの悪い森林のなかにもよく自生しているのが見られる。葉が大型で独特の形をしているのでよく目立ち、見分けやすい。丈夫なので庭木としてもよく植えられる。 花は晩秋に咲き、球状の散形花序がさらに集まって大きな円錐花序をつくる。花びらは小さいが花茎を含めて黄白色でよく目立つ。他の花が少ない時期に咲くため、気温が高い日はミツバチやハナアブ、ハエなどが多く訪れる。果実は翌春に黒く熟す。

aha、8つにさけることはないんだ、なるほど。
日本語では「8」には「いっぱい」というような意味がありますから、「たくさん裂け目のある」ということなのでしょうね。
日本が原産ですね。

あの花、面白い格好で、好きですね。楽しみに待ちます。

« ガザニア | トップページ | ミズヒキ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤツデ:

« ガザニア | トップページ | ミズヒキ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ