« シソ | トップページ | モッコクの実 »

2011年10月 4日 (火)

ハモグリガ

0917_11hamoguriga1 2011.9.17
カラスウリの葉です。
ハモグリガの食痕。
よく見ると、2匹いたのではないでしょうか。
細く始まって、食べながら成長して、太い端っこのところから出ていったのではないかなぁ、と思います。
そういう、細→太の線が2本ありますよね。
陽射しに透かしてみました。
0917_11hamoguriga2_2
矢印を入れてみました。白矢印が始点で赤矢印が終点。
1と2の2匹がいた。
こんなふうに見てください。

器用なものですよね、葉っぱの表面と裏面の間の葉肉を食べ進んで成長していくとは。
ところで、分からないのは、葉の中で蛹になって、終点のところから出たのか。
終齢幼虫が終点のところから出て、別の場所で蛹になったのか、です。

「ハモグリガの蛹」で検索すると、どうも、幼虫の形で終点から出て、葉の上とか別の場所とかで、糸を吐いて蛹になるようです。
う~む、奥が深いなぁ。

« シソ | トップページ | モッコクの実 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハモグリガ:

« シソ | トップページ | モッコクの実 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ