« 知の顎 | トップページ | ミツバチ »

2011年10月25日 (火)

ヒガンバナ

1011_4higanbana 2011.10.11
花が終わり、葉が伸びてきました。
「葉見ず花見ず」というのですね。
終わった花の方にピントを合わせて、葉の方はぼかしてあります。

この葉が光合成をして、地下の鱗茎にデンプンを蓄えます。
その仕事が4,5月ごろまで続いて、葉は枯れる。
いったん地上からはヒガンバナの植物体は消え、9月になって蓄えた養分で花茎が立ちあがって花を咲かせる。
そして、花は枯れ、葉が伸びる。
こういう循環ですね。

花から実へ、というサイクルがこの花の場合はないのが残念です。
植物の繁殖の基本形なのに、それが実現できない。かなしいな。

« 知の顎 | トップページ | ミツバチ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒガンバナ:

« 知の顎 | トップページ | ミツバチ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ