« アオスジアゲハ | トップページ | ナガコガネグモ:新たなご報告 »

2011年10月11日 (火)

寄生バエ

0925_3kiseibae1 2011.9.25
チョウの飼育ケースの底をウジが歩いていました。
寄生バエの幼虫です。
チョウの蛹から出てきて、今度は自分自身が蛹になろうとしているところです。
0925_3kiseibae2
やがてこういう風になります。
ハエの蛹は「囲蛹」といいます。
ウィキペディアから引用します。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A8


 老熟した終齢幼虫は幼虫時代を過ごした摂食場所を離れ、多くは土中に潜りさなぎとなる。ハエ類のさなぎ形成の際は、終齢幼虫が脱皮せずに、幼虫の体が短縮してコメの様な形になり、そのまま幼虫の外皮が硬化するのが特徴である。硬化した外皮の内側で、真のさなぎがさらに一回り小さく収縮して形成される。こうした二重構造の蛹(さなぎ)を囲蛹(いよう)と呼ぶ。
 羽化に際しては硬化した幼虫の皮膚の前方体節が環状に分離し、蓋のように外れることで成虫が脱出する。これが環縫短角群の名前の由来である。

上の写真で、俵状の外皮は、幼虫時代の外皮なのですね。
この中に、蛹がいる。
そうすると、蛹の外皮の中で成虫になり、成虫の外皮を作るのでしょうから、入れ子が一段深いのですね。

イメージ:裸の体の上にパジャマを着て寝袋に潜り込んだと思って下さい。
寝袋が幼虫時代の外皮、パジャマが蛹の外皮、自分の体の皮膚が成虫の外皮、ということになります。

★私共夫婦にとっては、「にっくき寄生バエ」なのでして、ゴキブリなんかかわいいものですよ、生活空間を共有したくはない、というだけですから。
寄生バエは、やっつけたい。チョウが羽化できないと悲しい。
寄生バエだって生態系の一員なのですが、やっぱりチョウの飼育者としては、寄生バエの蛹はつぶしてしまいますね。

« アオスジアゲハ | トップページ | ナガコガネグモ:新たなご報告 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寄生バエ:

« アオスジアゲハ | トップページ | ナガコガネグモ:新たなご報告 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ