« オンブバッタ | トップページ | キタヒメヒラタアブ »

2011年9月29日 (木)

カラスウリ

0910_7karasuuri 2011.9.10
カラスウリの蔓が茎を引き寄せようとしたのですね。
蔓の先端が何かに絡みつき固定される。
それから蔓をコイル状に巻くわけですが、一方向に巻いたのではよじれが生じますので、必ず巻く方向の切り替えが必要です。
切り替えの両側で巻き数が同じになれば、よじれない。
この話は以前にしたことがあります。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-d54f.html
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_af88.html

最初の写真見てください。切り替えが2カ所ありますよ。
変じゃないですか?切り替えが2カ所あったら、切り替えしなかったのと同じになってしまいません?
そりゃまずい。
とおもってよく見たら、切り替えが3カ所ありました。
0910_7karasuuri2_2
同じ写真に矢印を入れてみました。
白の矢印で示した切り替えはすぐにわかると思うんですね。
問題は赤の矢印のところです。
分かりづらいですが、ここも巻き方の切り替え点です。

また、数字を書きこんでおきましたが、白い矢印の両側での巻き数です。(ちょっとあいまいなところはあるのですがご勘弁を)
これで、蔓全体としてのよじれが生じていないことになりました。

めでたしめでたし。

切り替えは奇数回でないと、よじれが生じてしまうのでした。
この写真を眺めながら、かなり長い時間考え込んでしまいました。

植物の知恵はすごい。

« オンブバッタ | トップページ | キタヒメヒラタアブ »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カラスウリ:

« オンブバッタ | トップページ | キタヒメヒラタアブ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ