« オンブバッタ | トップページ | オシロイバナ »

2011年9月27日 (火)

グーゴル

えっ、グーゴル? グーグルの間違いじゃないの?

★話のネタはグーグルからなんですけれどね。
今日、グーグルの検索サイトへいくと、検索窓の上に絵がありましてね。
パーティーの雰囲気の絵です。
その絵のファイル名を見ると「今日はグーグルの13回目の誕生日」なのだそうです。
そうか、グーグルも中学生になりましたか、というところですね。

★で、ふと思い出したのがグーグルという名前の由来。
確か「グーゴル」というバカでかい数からとったんじゃなかったっけ?
グーグルの検索窓に「グーゴル」と入れて検索しました。
ウィキペディアがトップでヒット。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%AB
ここです。

 グーゴル (googol) とは、整数であり、1グーゴルは 10^100 である。つまり、1の後に0が100個連なった101桁の数である。
 グーゴルは1920年に誕生した。アメリカの数学者エドワード・カスナーの当時9歳の甥ミルトン・シロッタ (Milton Sirotta) による造語である。カスナーはこの言葉を著書「数学と想像力」 (Mathematics and the Imagination) の中で紹介している。

1グーゴルは次のように書くことができる。
1グーゴル = 10^100 = 10,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000

10^100 というのは普通に書くと

こうです。
で、

Googleとの関係
インターネットの検索エンジンであるGoogleの名前の由来はグーゴル (googol) を命名者ラリー・ペイジが綴りをもじったものである。 Googleで「googol」を検索すると、Googleの計算機機能により10の100乗である旨が表示される。

ということで、私の記憶は間違ってなかったですね。

★ところで、いったん定義してしまうと、あとはいくらでも大きな数が作れるんでして
グーゴルプレックスという数も定義できます。
multiplex = 多重の という言葉を利用した造語ですね。


これがグーゴルプレックス (Googolplex)です。


これがグーゴルプレックス

1グーゴルプレックス = 1010000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
こうも書けます。
別のいい方をすると
1の後に0を1グーゴル個つけた数、となります。

1グーゴルは観測可能な範囲の宇宙に存在している原子の数(およそ10^79から10^81個と推算されている)よりも多い。

ということですから、もう、「意味」なんてものはないですね。

★グーグルがグーゴル歳まで長続きしますように!!

« オンブバッタ | トップページ | オシロイバナ »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グーゴル:

« オンブバッタ | トップページ | オシロイバナ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ