« ユスリカの仲間 | トップページ | アオスジアゲハ »

2011年8月25日 (木)

ヤマトシジミ

0808_17yamatosijimi1 2011.8.8
フウセンカズラの花を抱えるヤマトシジミ。
花の後ろ側から抱きついていますね。
0808_17yamatosijimi2
ヤマトシジミの口吻は短いですね。
フウセンカズラの花にちょうど合うくらいの長さ。
これだとランタナの花にはちょっときついかもしれないな。

花のサイズ、蜜までの距離、チョウの口吻の長さ、これは相関しているわけで、それぞれのチョウに適合する花、というものがあるわけですね。
蜜を吸うガもそうです。

花に潜り込む小昆虫だとまた花の側の戦略も変わる。
花と昆虫は一緒になって進化してきたということなのです。

★アングレカム・セスキペダレという「距」の長いランを見たダーウィンは、距の奥の蜜腺まで届くほど長い口吻を持ったガがいるはずだ、と推論したのですね。1862年です。
その推論はダーウィンの死後、1903年にキサントパンスズメガという口吻の長いガが発見されて、確認されました。
「共進化」という概念の有名な話です。

ウィキペディアや
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%9A%E3%83%80%E3%83%AC

鎌倉蘭友会という会のHP
http://www.kosjp.com/season/s1006_01.html
などご覧ください。

« ユスリカの仲間 | トップページ | アオスジアゲハ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマトシジミ:

« ユスリカの仲間 | トップページ | アオスジアゲハ »

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ