« ヒメクチナシ | トップページ | ハゼラン »

2011年7月 4日 (月)

ヒヨドリジョウゴ

7月1日付で「なんだろう?」と書き、2日に「ヒヨドリジョウゴでした」と訂正した記事の顛末です。
0630_3hiyodorijougo1 2011.6.30
変わった形の葉だなぁ、と思っていたら、30日に花が咲きました。おや白い花なんだ。
0630_3hiyodorijougo2 6.30
鈍感でしたね、この時点ではまだ、この花がナス科の花だと気づいていない。

0701_4hiyodorijougo 7.1
これを見て、あっ、これナス科じゃないか!と気づいたわけです。
ナス科で蔓植物というのもあるのかぁ。
で、私の持っている雑草図鑑を見たのですが、ナス科でこの葉のものがない。

で、7月2日土曜日。いつも「本屋散歩」に行く日ですので、雑草に関する本を立ち読み。
ナス科、で索引を見て、本文を開いたら、ありましたよ~!ヒヨドリジョウゴだったのです。
こういう経緯でした。
0702_3hiyodorijougo 7.2
もう一回この葉の姿を撮って、ふとそばの足元を見ると、まだタマサンゴの花がいくつか残っています。
0702_4tamasango 7.2
ほらね。そっくりでしょ。
で、葉が全然違いますね。
この花だけをお示ししたら、きっとそう簡単には区別できないと思います。
違いはありますけど。

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/sympetalae/solanaceae/hiyodorijyougo/hiyodorijyougo.htm
このサイトによりますと

・・・
ツル植物としてはややおとなしい植物で、覆い尽くほどには繁茂しない。森林との境界部分などに生育していることが多い。8月から9月にかけ、白い花を咲かせる。花冠は5裂し、裂片は次第に反り返る。花筒の入り口には緑色の斑紋がある。雄しべは花柱を取り巻く。
・・・

「森林との境界部分」?
家は多摩川には近いけれど、森林はなぁ。ないぞ。
多摩川台公園とか木の多い公園はありますけどね。
どこかで鳥さんが(ヒヨドリ?)食べて、種をまいてくれたんでしょうねぇ。

同じサイトでこんな記述も

ヒヨドリジョウゴの葉は、多くのツル植物でそうであるように、葉の形が大きく変化する。春には5裂した葉が形成されることが多く、夏から秋にかけての葉は3裂したものや、全縁(分かれていない)ものが多くなる。ナスの葉とは似ていないが、トマトの葉の面影があると言えば、納得していただけるであろうか。葉柄は長さ1.5~4cm。葉身は長さ3~10cmで、両面毛が多い。

今の季節の葉と秋の葉で形に違いが出るんですね。そうなのか。見続けなくっちゃね。もちろん実も見たいし。
「毛が多い」というのは納得です。最初、ホップの葉かなと思ったくらいですから。
ホップの葉はザリザリして痛いです。ヒヨドリジョウゴは柔らかいです。

御面倒をおかけしました。なんとか自力で解決できてよかったです。
何か面白いことが起こりましたらまたご紹介します。

« ヒメクチナシ | トップページ | ハゼラン »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリジョウゴ:

« ヒメクチナシ | トップページ | ハゼラン »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ