« クモの巣 | トップページ | テッポウユリなど »

2011年6月16日 (木)

チャドクガ

0531_10tyadokuga 2011.5.31
まいった~。
見てるだけでなんだかかゆくなりそうな気分ですね。
ツバキの葉の上。
なんでこう、びっしり並んでくっついているんだろう。

ここまではお散歩モードで、のんびり虫目だったんですが、このチャドクガを見て、モード切替。戦闘モードです。
カメラを玄関に置いて、風呂場から「お風呂マイペット」のスプレーを持ち出し、チリトリ、剪定ばさみ、ポリのゴミ袋、と一式そろえて、いざやっつけるゾッ。

幼虫が固まっている葉の下にチリトリを差し入れて、剪定バサミで切り落とし、直ちにお風呂洗剤の泡を吹きつけます。
殺虫剤というものは、殺虫成分が虫の体につけばいいのでして、その溶剤は速やかに蒸発してしまって、べたべたにならないことが必要ですね。
ところがチャドクガの場合は、幼虫が死んでも、毛だけでかゆくなる。溶剤が蒸発してしまうのはかえって始末に悪い。
その点、お風呂洗剤の泡で幼虫を包んでしまうと、幼虫は窒息して死にますし、泡で包まれて濡れていますから、毛が飛ぶ心配がない。安心して後始末ができます。

いっぱいいましたよ。風通しが悪くなると産み付けられやすいのですよね。
無事ポリ袋に封入して一件落着。
なんだか、心理的にかゆかったなぁ、しばらくの間。

「晶子のお庭は虫づくし」という素晴らしいサイトがあります。
そこに「チャドクガの観察日記」というのが1,2,3とありまして
よかったらお読みください。
http://www.h2.dion.ne.jp/~usako/chadokuga.html
最後に、羽化して成虫になった写真のキャプションは

「チャドクガが無事に羽化しました。」

飼育していて感情移入したのですね。

えらいなぁ。私はさすがに無理です。
私は「チャドクガを無事やっつけました」です。

« クモの巣 | トップページ | テッポウユリなど »

動物」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
蚊柱からこちらにきましたら、チャドクガのことだったので思わず出てきました。

うちも数年おきに庭の椿に発生して困っていました。結局風通しが良くないからということで一旦、途中から伐採してまた枝を育てようと思っています。

お風呂の泡というのは良いですね。

かゆみ対策は、洗い流す、掻かない、痒みがあれば熱い蒸しタオルで痒いを痛いまでもっていくなどしていましたが、何か良い方法はございますか?

別件ですが、ユスリカの蚊柱も、良かったらご覧下さい。

ユスリカの蚊柱、拝見しました。
ものすごいものですね。今までにみた蚊柱なんて、蚊柱の名に値しません。
あれだけすごいと、吉兆だ凶兆だと「人心が惑う」のも納得できます。蚊柱で元号が変わったということもあったのですよね。

チャドクガのかゆみ対策といって特別なものはありません。石鹸を別の部位で泡だてておいて、患部に乗せ、こすらないように洗い流す、くらいです。ダメなときは、医者に行ってかゆみ止めクリームを処方してもらうのがいいです。我慢するのは辛すぎる。
(セロテープやコロコロで毛をくっつけて取り去るという人もいましたが、どうかなぁ)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャドクガ:

« クモの巣 | トップページ | テッポウユリなど »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ