« カエデ | トップページ | アメリカフウロ »

2011年6月21日 (火)

力仕事

0607_9ari 2011.6.7
昆虫の出力ってすごいですよね。
おそらく自分の体重より重い。
それを垂直な壁面で引き上げていく。
体の構造を支える外骨格は軽量で強い。その分、筋肉量が相対的に多いかもしれません(内骨格の動物と比べてです)。
私たちの体は、骨だけでずいぶんな重さでしょ。自分を支えるだけでかなり大変ですものね。
でも、大型の動物というと、恐竜や哺乳類の内骨格の動物ばかり。
象のような昆虫がいないのはなぜだろう?(大型のトンボなどがいたことはいたようですけどね。)
呼吸器や循環器の性能の違いでしょうか。

昔、「ラドン」でしたっけ、SF映画、放射能を浴びたアリが巨大化して人間を襲うという設定のシーンがあったな。
いくら虫好きでも、象のようなアリは勘弁だよな。ティラノサウルスのようなカマキリとか、ジェット戦闘機のようなスズメバチとかね。

私は哺乳類だなぁ。

« カエデ | トップページ | アメリカフウロ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力仕事:

« カエデ | トップページ | アメリカフウロ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ