« アリ | トップページ | モンシロチョウ »

2011年6月10日 (金)

蜜腺

0519_8naden1 2011.5.19
南殿という桜の、葉の付け根に蜜腺があります。
0519_8naden2
こんなふうに並んでいるのもあります。

暖地という桜桃の方はというと
0519_8outou
こうです。
桜の仲間には皆、このぽっち=蜜腺があるようです。
{蜜腺があるから桜、とはいかないと思いますが。}

時々アリが口をつけていることがあります。
でも、前の記事のような「うっとり」した状態にはなりませんから、ただちょっと甘いだけなのでしょう。
花も実も終わりまして、たっぷりと緑を広げています。見ていて豊かな気分になれます。

話が吹っ飛ぶんですが。
太陽光発電がもてはやされ始めました。
悪くはないです。
でもね、休耕田で太陽光発電しよう、というような話には私は賛成しかねます。
休耕田は米を作っていないから「遊んでいる」。遊ばせておくのはもったいないからその面積を太陽光発電に使え、という発想ですね。
でも、人間にとっては米を作っていない「無駄な」状態かもしれませんが、そこにはそれなりの生態系が出来てきているでしょ。降り注ぐ太陽光をエネルギー源として、植物・動物・菌類などがシステムを作っている。それは生命の豊かな営みですよ。それを太陽電池板で遮ってしまうのは、人間のエゴだと思います。エコじゃない。単なるエゴだ。
人間が必要とする電力を生むために日陰になってしまう面積、というのを考えてください。
とんでもない面積になる。
やるなら、人間は日陰に住む、ということにすべきだ。
屋根に太陽電池を載せるのはいい。屋根が熱くならないから夏場はとってもいい。
冬はどうなるか、降雪地帯はどうするか。問題ありだな。
人間という生物のやることは、やり始めると地球規模で影響が出るようになった。
石油を掘り尽くしてしまうとか。地球全体を放射能汚染してしまうとか。地球全体が鉛汚染されているのは既に事実だし。
これで、地球全体のかなりの部分を日陰にするなんてことにはならないように願います。
他の生物のことも考えましょう。

« アリ | トップページ | モンシロチョウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蜜腺:

« アリ | トップページ | モンシロチョウ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ