« ハサミムシ Part1 | トップページ | ササグモ »

2011年6月10日 (金)

ハサミムシ Part2

0517_6hasamimusi3 5.17
胸から頭のあたりを拡大。
顎が見えないのは残念ですが、肉食性の割に目立たないともいえますね。
複眼が小さい。おそらく個眼の数も少なめでしょう。
{ゲジの複眼も個眼は少ないけど、立派だった、と思い出したりして。}
単眼はこの写真では見えません。
{ハチの仲間は個眼が見やすいよな、などとも思い出しています。}
0517_6hasamimusi4
後ろからのショット。
私には雌雄の識別はできません。
この直後、警戒態勢が解けて、走り去っていきました。

http://www.tomamin.co.jp/you/05you/050905.htm
このサイトによりますと

母虫は子煩悩な主婦
 社会生活をするミツバチやスズメバチなどを除き、ほとんどの昆虫は卵を産みっ放しで子育てをすることがありませんが、ハサミムシの母虫は立派に子育てをすることで有名です。
 子煩悩な母虫は巣穴に産んだ卵を外敵から守り、子虫が生まれると食べ物を与えて丹念に世話をし、巣穴の掃除も怠らない立派な主婦です。
 ハサミムシの母虫は子虫が生まれてしばらくは全く食べずに子育てに専念し、子虫がある程度成長すると食べ物を捕りに出掛けます。中にはコブハサミムシのように母虫は全く食べ物を取らず、獲物を捕りに行くこともなく、子供に自分の体を食べ物として与え、子育てをする種類もいます。ちなみに雄は複数の雌と交尾するだけで、全く子育てにかかわりません。

そうなんだ。
カバキコマチグモのメスが幼体に自分を食べさせるという行動をするのはしっていましたが、コブハサミムシもそうなんですね。子守、というのは知っていましたが。
{ムカデも子守をしますね}

いろんな生き方があるのだ、と、つくづく思い知らされました。

« ハサミムシ Part1 | トップページ | ササグモ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハサミムシ Part2:

« ハサミムシ Part1 | トップページ | ササグモ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ