« 残存応力 | トップページ | う~むぅ »

2011年4月21日 (木)

ツバキ

0331_14tubaki1 2011.3.31
足元にツバキの花が落ちていました。
この姿、花弁とオシベが一緒にころんと落ちてしまっている、これが嫌われたんですね。
まるで首を切り落とされたみたいだ、縁起が悪い、と。
でもねぇ、上を見ますとね
0331_14tubaki2
こうなんですよ。
メシベの残った子房とそれを大切に包む萼があります。
これが植物にとって大事な部分。
花は道具。その道具で何をしようとしたのか。虫を呼び、花粉を運んでもらい、メシベの柱頭にくっつけてもらって、授精し、「種」をつくる。これですよね。
命を繋いでいくための道具です、花は。

赤い花が落ちたからもうおしまい、縁起が悪い、などというのは非常に皮相的な見方。
花が落ちた、次の命が胎動を始めた、めでたい、と、そこまでいかなくっちゃ。

植物の生き方に寄り添って、その生き方を鑑賞しませんか。

« 残存応力 | トップページ | う~むぅ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツバキ:

« 残存応力 | トップページ | う~むぅ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ