« 粉じん防止剤 | トップページ | ろうそくの光の分光 »

2011年4月 4日 (月)

ろうそく

0318_13rousoku1 2011.3.18
計画停電は不評です。
そりゃそうだ、電気はスイッチのON・OFFですが、いろいろな製造業の機械類はそうはいかない。あたたまるのに時間がかかり、冷めるのにも時間がかかる。温冷を繰り返していたら機械類は狂いが来る。寿命も縮む。製品の歩留まりも悪くなる。いいことはないです。計画停電されたら、操業の計画が立たなくなる。
病院の手術なんか10時間とかいう長時間の手術もあるけれど、夕方の停電は昼ごろ発表される、なんていうんじゃ、怖くって執刀できやしない。
もっと、計画的に配電網を整備しておくべきでしたね。
都会の一般家庭では、冬より夏の方が耐えがたいですよね。冬は着ぶくれだるまで、何枚でも重ね着できるけど、夏は裸より薄着はできないものなぁ。熱中症にかかりそう。我が家は風が通り抜けないしなぁ。団扇でしのぐことにしましょう。

さて、我が家でもろうそくを探し出してきました。いつでも使えるようにしてあります。
4cmくらいの短いろうそくです。どのくらいの時間もつのかな、と試してみました。
最初の写真は点火直後の17:43。
下は使わなくなったコーヒーカップの皿。これならろうそくが倒れてもまず大丈夫。
点火したら、ろうそくを下向きに傾けて、ろうを溶かして垂らします。垂れてまだ固まらないうちにろうそくの下端をくっつけて固まらせます。これで安定して立つ。こんな小技、今の人は知らないかもなぁ。昔は停電も頻繁。子どももこういう技を持っていました。

0318_13rousoku2
11分後の17:54
内炎、外炎なんて、代表的な形ですね。

0318_13rousoku3
18:04
20分は持つんですね。まだ少しろうがある。
実はじっくり見ていると、ここからが結構長いんですよ。

0318_13rousoku4
18:06
ろうがもうほとんどない。
消えるかなという直前に、なぜか一瞬炎が長くなったりする。

0318_13rousoku5
18:07
この直後、消えました。
拡大してみますとね
0318_13rousoku6
芯が光っているんですが、淡い青い炎がかろうじて燃えている。
なんとなく、感情移入したくなるシーンですね。
火事にならないように注意しながら、観察してみて下さい。
4cmのろうそくで20分ちょっとです。
LED灯なんかとはまるっきり異なる情緒たっぷりの明かりです。

« 粉じん防止剤 | トップページ | ろうそくの光の分光 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ろうそく:

« 粉じん防止剤 | トップページ | ろうそくの光の分光 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ