« カエデ | トップページ | コマツナ »

2011年4月28日 (木)

オニタビラコ

0402_14onitabirako1 2011.4.2
オニタビラコの「噴出」するような姿。
キク科ですから、実に綿毛があるわけで、その姿です。
0402_14onitabirako2
なんとかその付け根の方を覗きこむことができました。
風に乗って遠くへ行く。
動かない親植物の、「遠くへ行きたい」という思いを担う、子どもたちです。

行った先で繁殖できればそれでよし。
ダメでも絶え間なくその試みを続ければ、そのうち環境の変化で繁殖できるような時も来るかもしれない。何万年、何百万年もかかる持続的なトライアルです。

動かないようにみえる植物たちこそが、無生物的な自然を、生物的な自然に変えていく先導者なんですね。動物はそのあとをついていく。だって、動物は植物なしには生きられないのだから。
「生息限界」の前進って、そういうものです。

« カエデ | トップページ | コマツナ »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オニタビラコ:

« カエデ | トップページ | コマツナ »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ