« 転ばぬやうに | トップページ | 寒雀 »

2011年3月 2日 (水)

雪の重さ

2011.2.28付 朝日俳壇より
列島にずしりと雪の重さかな:(芦屋市)田中節夫

本当に列島全体に分け隔てなく「雪の重さ」がかかるのなら、つらいことだけれど、それはそれなりに「公平」だ。
でも、実際には、主に日本海側に、北国に雪が多い。
生活がつぶされそうになったり、暖房費がやたらとかかったり、屋根の雪下ろしで人が死んだり、除雪費用で自治体の予算が逼迫したり。
「不公平」ですよね。
雪国に住むことの必然だと言っていてはいけないのではないだろうか。
居住する地域によって国民がこうむる不公平こそ、国というものが背負って解消しなくちゃならないのではないだろうか、と思う私なのです。

どうにも、バランスが悪いよなぁ。

« 転ばぬやうに | トップページ | 寒雀 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の重さ:

« 転ばぬやうに | トップページ | 寒雀 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ