« 半額だった | トップページ | 麦踏み »

2011年3月 2日 (水)

行ってきます

2011.2.28付 朝日歌壇より
腹の子に「行ってきます」と声をかけパパとなりゆく覚悟を持ちて:(向日市)佐藤愛
 佐佐木幸綱評:学生気分がまだ抜けない若い夫婦なのだろう。ママになる作者の覚悟も読める。

投稿のはがきに年齢が書いてあって、それで「学生気分が抜けない」と書いたのかな?
歌そのものだけからは、「学生気分」は読み取れないと思うのですが。
若い夫婦であることは間違いないでしょうけれど。
妻のお腹が大きくなってきて、夫たるもの、だんだん父親になるという実感が湧いてくる。
もう胎動もあるのかな。そこに「我が子」がいることが日に日に強く感じられるようになる。
おれも父親か、という覚悟を持つことの、恥ずかしいような誇らしいような、そのような気分の中での「行ってきます」ですよね。

あ~あ、昔のことになっちまったワィ。

« 半額だった | トップページ | 麦踏み »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行ってきます:

« 半額だった | トップページ | 麦踏み »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ