« 麦踏み | トップページ | 立春 »

2011年3月 2日 (水)

心の通うひと

2011.2.28付 朝日歌壇より
突然に優しくなりし子のそばに心の通うひとのいるらし:(大阪市)首藤育子

「子」とは息子さんかな。
面白いですから、からかってごらんなさいな。むきになるから。

実は、私も兄も、母にからかわれたんですよ。恋愛時代に。
からかって、相手のことをちょっとけなしたりするとね。
あの子、むきになって怒るのよ、面白いのよ、と母はにこにこ笑ってましたね。
で、私もやられましたっけ。母にからかわれた。
チェっと思いながらも、やっぱりなぁ。
大人になった息子をからかって遊ぶなんてのは、母親としてまたとない楽しみでしょう。
母にはかなわないよな。

大人になった息子というものは、母親に優しくなるものなんですよ。楽しいでしょ。

« 麦踏み | トップページ | 立春 »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の通うひと:

« 麦踏み | トップページ | 立春 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ