« 西行忌 | トップページ | 雪の重さ »

2011年3月 2日 (水)

転ばぬやうに

2011.2.28付 朝日俳壇より
雪の朝転ばぬやうにころびけり:(別府市)河野靖朗
 稲畑汀子評:転ばぬように転んだとはまこと雪道である。思いがけない雪の日本列島の一コマ。

「転ばぬように転ぶ」というのはよく分からないのです。どういう風に転ぶことなんだろう?と。

ちょっと手を加えさせて頂いて
   雪の朝転ばぬやうに ころびけり
こうしてみたいのです。

雪の朝。転ばないようにしなくっちゃ。と思いつつ外に出て。あれ、やっぱり転んでしまった。

という風に読んでみたいのですが。

« 西行忌 | トップページ | 雪の重さ »

崩彦俳歌倉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転ばぬやうに:

« 西行忌 | トップページ | 雪の重さ »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ